会長メッセージ

『人のために・・・』 この言葉に込めた想いとは。

 広島ライオンズクラブ 64代会長を仰せつかりました、岸川佳弘です。皆様この1年間大変お世話になります。 どうぞよろしくお願いします。

 私は、自他共に認める《非真面目な典型》です。そんな私が名誉あるライオンズクラブの会長など務まるはずがない。一度は、お断りしました。
 しかし、諸先輩の後押しや後輩の後押しをいただき覚悟させていただいた次第です。そんな私が、ライオンズメンバーの皆様へ影響を与えることは想像し難いものでした。

 そこで、私が考え想いを寄せたことがこちらです。
【周りの皆様を少しでも幸せに明るく出来るように、小さなことでも出来ることを精一杯に】
そんな想いを胸に掲げたスローガンが 『人のために・・・』
無理なく自然体の中で人のために出来ることをみんなで行動出来た時、私たち自身も明るく幸せになれると考えました。そこに《ありがとう》が、沢山溢れると考えました。そんな世界観を表現したいです。 

 私は、『義理人情』という言葉が大好きです。
この言葉は、義理という社会に対する義務的な部分と人情という人間の自然体の中にある感情を義理と人情のバランスで自己犠牲を実践したい。 私は、この言葉を常に胸に宿し行動してきました。
人のために行動できる幸せを噛み締めて、この1年間人情あふれる《時間》にしたいと思っています。

 クラブ活動としましては、例年以上に家族会を増えしていきます。 家族があっての我々ライオンズメンバーです。奥様やお子様を私たちライオンズライフの中に巻き込んで、楽しんでいただきたいと考えております。これも、私の考える《人のために・・・》へと繋がっていきます。
 そこから最大のアクテビティであります、会員増強へと繋げていけたら一番幸せなことだと思います。
5役を見渡しましても気心知れた仲間ですが、なれ合いにならないように気を引き締めて参ります。5役が一致団結して、クラブメンバーの皆様に楽しんでいただけるよう精一杯頑張ります。至らない点も多々あるかと思います。 そこも含めて、全力で精進してまいります。 どうぞ、よろしくお願いします。